2007年02月18日

最近読んだ小説

通勤時間は情報収集に使う事にしてて、
デザイン系の雑誌とかMONOマガジンとか読む、
ことにしてたのだけどなんかめんどくさい。
最近は文庫本の小説読んでることが多い。

ので、最近読んだもの紹介。

●アヒルと鴨のコインロッカー (伊坂幸太郎 著)
伊坂良いね。面白かった。
話のテンポがちょっとおかしくて、微妙にモヤモヤした感じで話が進む。
というか、語り手である主人公がいろいろと困惑しつつ話が進む。
んでとあるエピソードでモヤモヤが一気に晴れる。
スゲーって思った。技巧的なモノだと思うけど。
文字媒体である事を活かした、映像では絶対に表現できないギミックが面白い。
と思ったら映画化するんだそうだ。
誰か、言ってやらなかったのかなあ。
「それは無理ですよ。」て。

まあ、でも、映画の方も観ると思う。多分レンタルで。
原作ファンが納得できる形で仕上げられてたら賞賛に値する。


●嫌われ松子の一生 (山田宗樹 著)
なんかイマイチ。波乱万丈すぎて逆に単調。
あと風景描写が多すぎる感あり。
でもこれも近いうちに劇場版(レンタル)観ようと思う。


そんな感じ。
posted by nomji at 01:57| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。