2007年01月09日

zoo

乙一のZooを以前に読んだのだけど、
それの劇場版をレンタルで観た。
Zooは10作くらい収録された短編集で、劇場版はその中から
5作抜粋したオムニバス形式の作品です。
実写化するには難しい感じの話が多かったんで劇場版は苦しいだろうと思ってたけど、
まあ、やっぱり苦しかったな。

一応、以下に感想。

・カザリとヨーコ
主人公ヨーコのネガティブ過ぎてポジティブなキャラを実写で
表現するのはやはり無理か。
なんだかただの児童虐待の話になってしまったな。

・SEVEN ROOMS
凄惨な話。原作を読んだ後にしばらく行動不能になりました。(仕事に支障アリ)
劇場版は…はしょりすぎ&軽すぎ。絵的にも話的にも。
まあ明日の仕事に支障を来さずに済んだからいいか。

・SO-FAR(ソ・ファー)
話はよくできてる。まあいいんだけどコレを普通に実写化することに
意味はあったんだろうか。

・日だまりの詩(シ)
5話中唯一のアニメ作品。
見事だと思った。原作の雰囲気が見事に表現されてる。
多少はしょり過ぎではあるが。

・Zoo
何だよアレ。観なかった事にします。


乙一作品は何冊か読んだのですが、
「暗いところで待ち合わせ」が特に良かったです。
表紙がブキミだけど優しいお話です。

あとアフィリエイト勉強中です。
posted by nomji at 00:05| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31097170

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。